株式会社ネットワークは、低予算でも別れさせ工作の成功を目指すことができる、全国対応の復縁屋別れさせ屋です。

東京都公安委員会
探偵業届出番号30220087号

年中無休24時間 相談受付中
Tel:03-5934-2424

別れさせ屋のケース

神奈川県横浜市の別れさせ屋事例

神奈川県横浜市

首都圏に住む人を対象として別れさせ屋工作を行う際、対象者が東京都内で働いているパターンが非常に多く、神奈川も例外ではありません。 事実多くの神奈川県民は東京都内に働きに出ており、毎日長い距離を電車で移動します。

神奈川県に住み東京に勤める対象者に接触する場合、都内での接触が理想か、自宅付近での接触が理想かを見極める必要があるのです。そこで横浜市での事例をご紹介しましょう。

対象者は神奈川区に住む男性で、平日は丸の内で働くビジネスマンでした。依頼者様と対象者は、半年前に別れてしまった元恋人同士で、依頼者様がよりを戻したいと考えたときには、対象者には既に新しい恋人ができていました。そのため、後々の復縁を目指して別れさせ屋工作をスタートさせました。

依頼者様からの情報によると、対象者は残業や飲み会で帰宅の時間もまちまちのため、接触を行うにあたり理想のポイントが丸の内周辺なのか、自宅最寄り駅である東神奈川駅周辺なのかを、まずは尾行調査で見極めることになりました。

接触エリアを見極める

初回の調査では、対象者は21時に会社を出て、同僚と二人で東京駅まで歩いたあと、京浜東北線で東神奈川駅まで移動し、立ち寄りなしで帰宅してしまいました。この日の調査では、対象者が退社後東京駅までは徒歩で移動することがわかったのみで、接触エリアを確定させるまでは至りませんでした。

もし同僚と連れ立っての退社が多いのであれば、丸の内周辺で接触することは難しいと判断せざるを得ません。この場合必然的に接触ポイントを東神奈川駅周辺に絞ることになりますが、幸い東神奈川駅から対象者の自宅マンションまでは、スーパーやコンビニなどが多く、立ち寄りさえしてくれれば接触は可能な状況でした。

後日、二回目の実施の際も対象者は同僚と二人で退社してきました。対象者は東京駅まで歩いた後、同僚と別れ京浜東北線乗り場まで移動します。この時点で東京駅周辺での接触は不可能と判断し、自宅周辺で立ち寄りがあれば即時接触することとなりました。

晩酌を誘う

東神奈川駅で電車を降りた対象者は、西口を出て駅前のローソンやイオンを通過し、自宅方面へ移動します。今日も立ち寄りはないのかと思った瞬間、対象者が自宅付近の「まいばすけっと」に入店しました。難航すると思った案件でスムーズに接触ができることほどうれしいことはありません。

対象者が買い物を済ませ、店を出たタイミングで工作員に接触を支持します。「仕事の都合で引越してきたばかりで勝手がわからず困っている」と道を尋ねた工作員に対象者は親切に対応してくれました。そしてその翌日も、対象者は「まいばすけっと」に入店しました。パックのお刺身を選ぶ対象者に声をかけて接触を行います。

二日続けて接触したこともあり、対象者は工作員のことをよく覚えていました。都合のいいことに、工作員の買い物かごにビールしか入っていないことに気付いた対象者の方から「晩酌ですか?」と話を振ってもらうことができました。工作員は「近くにいい店があればいいのですがね」と応え、「また都合のいい時があれば一杯付き合ってくれませんか」と、連絡先交換の提案をしました。

対象者はホルモンのおいしいお店を知っていると言い、「今度是非紹介させてください」と、連絡先の交換に成功したのです。弊社のスタッフは全員が調査・工作をこなします。実際の経験を積んでいますので、依頼者様に最も適した工作を具体的にプランニングさせていただきます。神奈川県横浜市での別れさせ屋工作をお考えの方は、是非弊社にご相談くださいませ。